はじめての方へ

葬儀の準備と心得

不慣れなお葬式の事はわからないことや心配な事が多いもの。事前に知っておくと、もしもの時に慌てずに対処できます。
やり直しができないお葬式を、滞りなく行っていただくために。

喪主の決め方

 

喪主を務めるのは一般的に故人の配偶者、子供、孫、近親者が多いです。配偶者が既に亡くなっていたり高齢や体調がすぐれなかったりする場合には、子供(他家に嫁いでいる場合も同)がその役を務めます。喪主候補者が未成年の場合は、親族が後見人として喪主を務めることもあります。また、故人に近親者がいない場合は「友人代表」「世話役代表」として親しい人が喪主を代行する場合があります。

喪主の仕事と役割

葬儀の流れ・詳細はスタッフと打ち合わせの上決めていきますので、安心して千の風にお任せください。

1.御寺院への挨拶

2.焼香順、席順、供花、盛籠の位置を決める

3.弔電の拝読順や読み方の確認

4.通夜・告別式

 

葬儀費用 大切なポイント

ほとんどの方が喪主になるのは初めての経験。
費用を考える上でポイントをご紹介します。

参列者の人数

 
故人・家族・親族・友人知人・会社関係などを吟味して集うであろう人数を想定する。

宗教の確認

 
宗教・宗派など、宗教を確認する。

宗教によって祭壇や準備する道具が異なります。仏教・神道・キリスト教・無宗教などの形式にあわせて式場を設えることが基本です。
僧侶等、宗教者とのやり取りや細部の確認などが大切になりますので、ご不明な場合はご相談ください。